祝儀袋の書き方!金額や住所そして名前や会社名はどう書く?

祝儀袋の書き方
結婚のご祝儀袋を用意する機会は頻繁にはないので、どうしても毎回これでよかったかな?なんて思ってしまいますよね。また社会人なりたての人は初めて結婚式に出席するという経験をするかもしれません。

そんな時のために祝儀袋の正しい書き方をまとめました。金額や住所や名前(会社名)はどのように書くのがマナーなのかを確認しながら事前に用意をしておきましょう。

スポンサードリンク

祝儀袋の金額の書き方は漢数字?

祝儀袋中袋
はじめに祝儀袋へ金額を書くときの正しい書き方を紹介します。

結婚式の祝儀袋を購入すると、外側に包む表紙と中に白い封筒が入っていますよね。

祝儀袋に金額を書くときはこの中袋の方に記入をします。

金額は漢字で!

金額は改ざんを防ぐために画数の少ない漢数字ではなく旧漢字を使いましょう。

  • 1万円の場合→金壱萬円
  • 2万円の場合→金弐萬円
  • 3万円の場合→金参萬円
  • 5万円の場合→金伍萬円
  • 10万円の場合→金拾萬円

このときは円の後ろに「也」という漢字は不要です。

金額はタテ書きです!

中袋に金額を書くときは縦書きです。そして場所は封筒の表側の中央上部に上から大きめに書きましょう。

→金額の目安はこちらの記事を参考に

スポンサードリンク

祝儀袋に住所を書くときの正しい書き方は?

差出人である自分の住所は中袋の裏側に記載をします。この時は郵便番号も一緒に書いておくと親切ですよ。

住所を書く場所は

  • 封筒の半分より右側
  • 封筒の半分より左側

の2種類どちらでも大丈夫です。その左側に名前を書きます。

はじめのパターンは中央揃えのイメージで、うしろのパターンは左寄せのイメージですね。

表側の金額と同じように住所の書き方もタテ書きになります。

祝儀袋に個人の名前や会社名を書くときの正しい書き方は?

名前を書く場所は2ヶ所あります。

  • 一つが表紙になる部分の下半分の中央。
  • そしてもう一つが中袋の裏側に記載する住所の左側に少し大きめに書きましょう。

個人の名前の書き方は馴染みがあるのでイメージしやすいですよね。

しかし会社から贈る場合、会社名はどこに入れたらいいのだろう?と悩むのではないでしょうか?

会社名はどこに書く?

祝儀袋の会社名
仲の良い取引先の担当者さんなどから結婚式に招待されることは少なくありません。それだけ人間関係が築けているということで嬉しいことですよね。

会社名は表紙の個人名の右側に書きます。この時、会社名は個人の名前よりも小さい文字サイズにしましょう。

また同じく、中袋にも会社名を入れておくと集計のときにわかりやすくて親切です。

まとめ

最近では結婚式は身内だけとか、披露宴を行わない人が増え出席する機会も減ってきているかもしれませんが、出席しない時にも御祝いは渡してあげるものですので覚えておきましょうね。

出席する時としない時ではお金の金額が変わるだけであって書き方は同じです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ