「文書・言葉」の記事一覧(2 / 8ページ)

了解しました・承知しました・かしこまりましたの違いは?

了解しましたの写真

ビジネスマナーとして覚えたい「了解しました、承知しました、かしこまりました(畏まりました)」の意味の違いや使い方、使い分けの仕方をお伝えします。分かりました、承りました、理解しましたなどを表現する言葉の意味や種類を学びましょう。

メールにて失礼しますの意味と使い方【ビジネスメール編】

メールにて失礼します

メールにて失礼しますの意味と使い方についてお伝えしています。「メールにて失礼します」を文末の結びに使うとき、文頭に使うとき、お礼の際に使うとき、お詫びの際に使うときの使い方について、それぞれ確認していきましょう。

ビジネスメールで依頼するときの正しい書き方の例文と件名例

ビジネスメールの依頼の仕方

ビジネスメールの依頼の仕方や書き方によってはその返答を後回しにされてしまうこともなくもありません。そこでビジネスメールで依頼するときの正しい書き方と参考文例そして件名を書くときのポイントびついて紹介します。

了解しましたは敬語?目上の人や先輩に使っていいか失礼どっち?

了解しましたは敬語

了解しましたは敬語になるのでしょうか?了解しましたは目上の人や先輩に使っていい言葉なのか、それとも失礼にあたる言葉なのかビジネスの場面での敬語(丁寧語、尊敬語、謙譲語)の正しい使い方にについて確認していきましょう。

上司へのお礼メールの書き方!送るタイミングや返信にも注意

上司へお礼メール

上司へのお礼メールの書き方と例文を紹介しています。ご馳走になったりお祝いをもらったとき、上司へお礼メールを送るタイミングや返信をもらったらどうしたらいいのかについて注意点と合わせてお伝えしています。

年末の挨拶メールの書き方!社外の取引先・社内の上司や社長への送り方

年末の挨拶メールの書き方

年末の挨拶をメールで送る場合の書き方について紹介しています。年末の挨拶をメールを社外の取引先に書く場合、社内の上司や社長に書く場合に分けて、一年間のお礼や来年の抱負などのポイントや注意点についてまとめていますので確認していきましょう。

新年(年始)の挨拶メール!社外の取引先や上司や社長への書き方は?

新年(年始)の挨拶メール

新年(年始)の挨拶メールの書き方を紹介しています。社外の取引先や社内の上司や社長へ新年(年始)の挨拶メールを送るとのポイントや注意点について確認していきましょう。

社長宛メールの書き方!取引先や自社の社長の宛名は様か殿どっち?

社長宛メールの書き方

社長宛メールの書き方について紹介します。社長への宛名は様か殿どっちをつかえばいいのか取引先の場合と自社の場合でそれぞれ紹介しています。社長のほかにも部長や課長などの役職も同じですのでビジネスメールの書き方マナーを確認していきましょう。

お詫びメールの件名例とお客様への文例※結びの言葉にも注意

お詫びメール

お詫びメールの件名はどのように書いたらいいのでしょうか。お詫びメールをお客様へ送る際、どのように本文を書いたらいいのか分からない人のために文例も参考に紹介しています。また、最後の結びの言葉も大切なのでしっかり気持ちを伝えるよう注意しましょう。

お詫び文の書き方と文例や文章!書面やメールで送るとき文面はどう書く?

お詫び文の書き方

お詫び文をビジネスの場面で書くときの書き方やお詫びの文例・文章を紹介します。また、お詫び文をお客様ではなく社内の人にメールで送る場合の文面はどうしたらいいのかも確認していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ