御社と貴社の違いと使い分け方法!履歴書やメールや会話で違う理由

御社と貴社の違い

御社と貴社の使い方の違いには何があるのでしょうか?

御社と貴社の使い分けを簡単に覚える方法や使い分ける理由をご紹介します。

  • 履歴書やメールなどの書面
  • 話をするときの会話
でどっちを使うのかが決まってきますので違いを理解し間違えないようにしましょう!

普段あまり気にせずに「御社」「貴社」という言葉を使っている人はビジネスの世界においては要注意。

同じ意味を指す御社と貴社ですが2種類あるのには当然理由があるのです。

できるビジネスマンは御社貴社違いを理解しうまく使い分けて使う必要があるのです。

この違いを理解していないと履歴書を書くときやメールを送りたいときに間違った使い方をしてしまう結果になるのでポイントを抑えておきましょう!

    目次

  • 御社と貴社の違いとは?
  • 御社と貴社の使い分け方法とは?
  • 履歴書は御社と貴社のどっちを使う?
  • まとめ
スポンサードリンク

御社と貴社の違いとは何?

御社と貴社ではどのような違いがあるのでしょうか?

御社と貴社は両方とも相手の会社を指す同じ意味を持つのに言葉が違うから日本語って難しいですよね!

でも仕事ができるビジネスマンは、こういうちょっとしたビジネスマナーを上手く使いこなしていますよ!

御社を使うときとはどんな場合?

御社は話すときに使うことばです。

相手を敬って使います。

貴社を使うときとはどんな場合?

貴社は文字を書くときに使うことばです。

良く手紙の冒頭文や挨拶文で見かける「貴社益々ご清栄のほどお慶び申し上げます」が良い例です。

話すとき、書くときという違いを覚えておけば会社を指す「御社」「貴社」の違いが覚えやすいですね。

御と貴はほかにも、学校を指す「御校」「貴校」などいろいろな言葉に対応することができますよ!

ちなみに「弊社」という言葉も耳にすると思いますが、弊社は自分の会社のことを指す言葉になりますので「御社」「貴社」とは根本的に違う意味になります。

スポンサードリンク

御社と貴社の使い分け方法とは?

御社と貴社の使い分け方法は先にもお伝えしたように、こう覚えておきましょう!

  • 御社は会話など話しをするときに使う言葉。
  • 貴社は手紙やメールなど書いて使うときの言葉。
覚えやすいですよね。

御社と貴社の使い方の例文

御社と貴社の使い方の例文を紹介します。

例えば仕事の打ち合わせをしていている最中は、

  • 「御社ではどんな取り組みをしていますか?」
  • 「御社の使い方に合っている商品は○○です。」

と会話の中(口頭)の場合では御社です。

一方、打ち合わせを終えてお礼のメールを送るときは

  • 「本日はありがとうございました。貴社のお役に立てるよう提案をいろいろさせていただきます。」

と文章を書くときは貴社を使います。

意外にもメールの文章を見ると「御社」と使ってしまっている人が多いのです。

もう一つ使い分けられているのには聞き間違いや誤解を防ぐという理由があります。

御社と貴社で誤解を防ぐ理由とは?

御社と貴社を使い分ける理由には聞き間違いを防ぐためともいわれています。

会話中に会社を指す「貴社」を使うと、

  • 記者・汽車・記者・帰社・騎射
など、同じ発音でいろいろな意味の言葉がありますよね。
学校を指す「貴校」は、

  • 機構・気候・貴公・聞こう・紀行・気功・寄港
という具合です。

これら聞き間違いや、紛らわしさを解決するために会話では「御」を付けた方で話すというのも理由です。

ただほとんどの場合、会話の流れから誤解を招くことはあまりない気がしますが!

履歴書は御社と貴社のどっちを使う?

履歴書は御社と貴社のどっちを使うのでしょうか?

履歴書は書く方になりますよね。

そのため面接など応募先の会社に提出する履歴書の場合は「貴社」を使いましょう!

補足ですが、もし提出先が銀行であれば貴社ではなく「貴行」となります。

もしここを間違えると社会人としてのビジネスマナーの無さが見抜かれてしまいますよ!

面接の場合は御社を使う

面接の場合は御社と貴社のどちらを使うのか、もうわかりますよね!

念のためお伝えしておきます。

もう理解できたと思いますが面接の場合は会話ことばですから「御社」を使ってくださいね!

 CHECK! 

関連記事
▼ ▼

⇒「メールにて失礼しますの意味と使い方【ビジネスメール編】」の記事へ

⇒「ビジネスメールで依頼するときの正しい書き方と例文と件名!」の記事へ

⇒「ビジネスメールでお礼への返信は必要?返信の正しい件名と例文!」の記事へ

⇒「ビジネスメールの返信マナーと件名や引用するときの注意点!」の記事へ

⇒「ビジネスメールの挨拶文の書き方と季節ごとの例文を紹介!」の記事へ

⇒「ビジネスメールの結びの言葉の書き方!挨拶やお礼を書くときの文章は?」の記事へ

⇒「ビジネスメールで初めての相手に送る挨拶や書き出しの例文!」の記事へ

⇒「お礼のビジネスメールの文例と結びの言葉・件名の書き方について」の記事へ

⇒「ビジネスメールで催促する場合の文例と催促された時の回答と返信例!」の記事へ

⇒「上司へのお礼メールの書き方!送るタイミングや返信にも注意」の記事へ

⇒「上司へのメール返信の注意点は?書き出しは「お疲れ様です」でいい?」の記事へ

⇒「了解しました・承知しました・かしこまりましたの違いは?」の記事へ

⇒「了解しましたは敬語?目上の人や先輩に使っていいか失礼どっち?」の記事へ

⇒「わかりましたは敬語?ビジネスメールで使える用語なの?」の記事へ

⇒「承りましたの意味とは?承りましたは敬語?正しい使い方は?」の記事へ

まとめ

「御社」と「貴社」の違いは難しくありませんよね。

知っているか知らないかで相手の印象も変わってしまうので、ビジネスにおいては覚えておいて損がない知識です。

これを知ってしまったあなたも、逆に相手が間違った使い方をしてきたら確実に相手の印象が変わってしまうはずですよ!

 PICK UP! 

身だしなみや見た目で相手の印象が左右してしまいますよね。

服装だけでなく見た目の印象で損をしないように対策しておく必要があります。

⇒身だしなみの対策!見た目で好感度を上げるにはどうしたらいい?

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ