ビジネスメールの挨拶の書き方と季節ごとの例文と文例!

ビジネスメールの挨拶

ビジネスメールを送る際に欠かせないのが挨拶です。

社内でのメールはもちろん、取引先などにメールを送る際にも必ず挨拶の言葉を書きますよね。

もちろん挨拶の文章は1つではなく、その時によっていろいろとかき分けることが必要になってきます。

ここでは、ビジネスメールを送る際の挨拶の書き方と季節ごとの例文を参考にどのような挨拶を書けばいいかを紹介していきます。

スポンサードリンク

ビジネスメールにおいての挨拶の書き方

ビジネスメールの挨拶の書き方
ビジネスメールでは、基本的には宛名の後に文章の冒頭にあいさつ文を入れるのがマナーになっています。

何度もやり取りをしたことがある相手の場合

すでに何度もメールを送ったことがある相手などには「いつもお世話になっております」などのありふれたあいさつで十分です。

丁寧に挨拶をした相手の場合

より丁寧なあいさつにしたいのであれば「格別のご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます」などという形で少しかしこまった内容にするとよいでしょう。

ただ、普通のビジネスメールではなく、初めての相手に挨拶メールを送るという場合もあります。

そういう時には、挨拶自体が目的となるので、よりないように注意したいですよね。

挨拶メールを送るときには、

  • 件名で誰からのどのようなメールなのかをわかるようにする。
  • 自分がメールを受け取った時のことを意識して書く。

などということが大切になってきます。

特に挨拶メールは初めての相手に送る場合、そのメールで相手にとっての自分の印象が決まってしまうということもあります。

その為、より注意を払って書くことが必要になってきますよ。

ビジネスメールの季節ごとの挨拶

ビジネスメールの季節挨拶

スポンサードリンク

手紙をビジネス相手などに送る際に、時候の挨拶を文頭に入れることがありますよね。

ビジネスメールも同じように、正式なものを送る際には季節や時候をいれる場合が多くあります。

しかも、季節の挨拶というのは、メールを送る月によって細かく変わってくるので、注意が必要です!

例えば、4月にメールを送る際の季節の挨拶は

  • 桜の便りが次々に聞かれるこの頃
  • 若葉の緑が目にも鮮やかなこの頃

などという形になります。

他にも4月から12月までの季節の挨拶というのは違ってきますので、その月によってあった挨拶を使用することが必要になってきます。

逆に違う季節の挨拶を入れてしまうと相手に失礼に当たり、自分自身も恥ずかしい思いをすることになるの、注意して書きましょう。

ビジネスメールにおいての挨拶、文例・例文

ここまでで、ビジネスメールにおいての挨拶がいかに重要で必要なものかということがわかってきたと思います。

では、まだまだビジネスメールの書き方が慣れていない、初めて挨拶メールを送るという人のために、いくつか文例を紹介したいと思います。

挨拶の文例のとしては

  • いつも大変お世話になっております。
  • いつもお引き立ていただき誠にありがとうございます。
  • 先日はありがとうございました。
  • ご無沙汰しております。

少し丁寧にな文章にするなら

  • 日頃より弊社を利用していただき誠にありがとうございます。
  • 平素は格別のお引き立てをいただき、ありがとうございます。
  • 平素はご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます。

などという文例があります。

他にもたくさんの挨拶の文例があるので、その時によってしっかりと使い分けていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

ビジネスメールにおいての挨拶というのは、欠かせないものになります。

ビジネスメールは挨拶で始まり挨拶で終わるといっても過言ではありません。

できれば相手に好印象を与えられるようなスマートなメールを送りたいですね。

状況に合わせて様々な挨拶の文例、もしくは季節ごとの挨拶があるので、その時に合わせてうまく使い分けていきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ